新宿 四川料理 汁なし担担麺 

ホーム

>

天府舫のご案内

天府舫(てんんふふぁん)とは

水餃子食べ放題「天府」は四川の古い呼び名です。
店名は「天府舫」と書いて"テンフファン"と読みます。

「天府」は四川を意味する古い言葉です。四川省の世界文化遺産として知られる都江堰(とこうえん)は、岷江流域の扇状地に設けられた古代の水利・治水施設です。紀元前3世紀中国の戦国時代、が洪水に備え秦の太守・李冰親子によって築かれました。

玉壘山を切り開いた運河によって、乾燥した成都盆地を肥沃な農業地帯に生まれ変わらせました。こうして、四川地方は神の恵みある土地「天府」に生まれ変わったのです。

「舫」は日本語に訳すと「もやい」です。これは船と船をつなぎ安全に運行できるようにする道具のことです。

家族や友人たちの暖かい支えを感謝するとともに、日本のみなさまとの絆を築き上げたいという願いから名づけました。発音しづらい名前ではありますが、よろしくお願いいたします。

辛い料理がお好きな方と、そうでない方へ 李 岷峰(り・みんほう)

李 岷峰(り みんほう)辛い料理がお好きな方と、そうでない方へ

四川料理のイメージは普通の中華料理を辛(から)くしただけというイメージがどうしてもあります。

日本に普及させた先人たちは、個性的な四川料理の魅力を少しでも伝えようとさまざまな工夫を加えてきました。おかげで、形を変えながらも「麻婆豆腐」「担担麺」「棒棒鶏」といった料理の数々が日本で広く知られるようになりました。まさに食の文化交流ですね。うれしい限りです。

歳月を経て、食の嗜好も多様化しましたし、日本人の海外旅行は当たり前になり、世界中のさまざまな料理が食べられるようになりました。

四川本来の味を日本のみなさまにご紹介したいというのは、四川出身の料理人共通の願いであり、近年、本場の味をご紹介する料理店が少しずつですが、増えています。

私もシェフも、ここ数年都内の四川家庭料理店で故郷のさまざまな料理を紹介してきましたが、2011年7月より、この西新宿に店を構えることになりました。まだまだ無名の小さな店でありますが、26年のキャリアを持つシェフの料理の味には自信があります。

最後に私事となりますが、この西新宿は私と妻が日本留学の際初めて訪れた場所です。思い出の地であり、勤めた日本企業もこの場所にありました。この地を再出発の場所に選んだのは、私から日本のみなさまへの感謝の思いでもあります。

みなさまのご来店を心よりお待ちいたしております。(店長 李岷峰(り・みんほう))

四川風でもなく、本格的でもない、"本物"をお届けしたい 何 伯超(か・はくちょう)

何  伯超(カ  ハクチョウ)

東京は世界中の多くの料理が食べられるすばらしい都市です。多くの料理人たちが店を構え、おいしい店も数多くあります。

四川省の有名料理店やホテルで料理のキャリアを積んだ私にとって残念なのは、日本には本物の四川料理の店がまだ少なく、本物が知られていないことです。中華の四大菜系(4大料理)に属しながらも野生的にしてエスニック。それでいて繊細な味。それこそが本物の四川料理です。

麻婆豆腐に代表される四川料理は、色、味、香りを重視しています。

もっとも大切なのは色と味と香りです。弾力のある肉、四季折々の野菜、日本人も大好きな海老や魚などに、香辛料を用いた独特の味付け。「しびれる、辛い、熱い」の3要素をベースに、味にさまざまなコントラストをつけ、変幻自在に魅了する味の魔術といっても過言ではありません。魔術の立役者はもちろん四川から取り寄せた花椒と唐辛子です。

日本ではラー油ブームですが、本物の四川のラー油がまだ知られていないのも残念です。日本のラー油は唐辛子とごま油で作るものが中心で、近年ではにんにくなど唐辛子だけでなく具材を入れたものもありますが、本場四川のラー油には花椒のすばらしい香りが欠かせません。

故郷四川の味を日本に届けるため、手抜きや妥協なく、日々精進しています。素朴な郷土料理ではありますが、四川の食を知っていただきたい。心より思っています。(料理長・何 伯超(か・はくちょう))